上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


小学校で同任地隊員A氏と活動したあと、村を巡回。
この日は加工場に寄ったあと、現地の水産管理系の事務所に立ち寄り、
まったーりとおばちゃんグループについて談義。

 うーん、やっぱいろいろ問題多いんだよね、あのグループも。

と、おじちゃんも頭を悩ませていた。
一緒に話をしているように見える子どもたちはガヤガヤしてるのみ。

そして造船地区(といえばカッコイイかなw)へ。

IMG_6168.jpg

なんとなく一緒に船を作っているふりをしてみました(笑)。
造船経費とか所要日数とかそういえば…肝心なことを聞き忘れたな。

とりあえずどこに行っても子どもでごった返す村。
知り合いの外国人がフラフラ2人で歩いてたらみんな集まってくる
だから、村の巡回には子守が必然的についてくる。

IMG_6180.jpg


その後、タクシーに乗って隣の村へ。
目的は探検も兼ねたお散歩。

IMG_6203.jpg

数日前から愛車がこんな状態で、現在原因究明中
その修理屋さん近くの農園にお邪魔したのだ。

IMG_6227.jpgIMG_6207.jpg
IMG_6214.jpgIMG_6210.jpg

この農園は入り口に店舗も構えていて、この年明けにオープンした。
その店舗にはどちらかといえば外国人が好みそうな野菜を売っていて、
この農園にもハーブや黒大根、キレイなトマトやナスが生っていた。

ちょっと立ち寄っただけなんだけどね。
この農園を管理しているおじさんがおもむろに黒大根をくれた


農園を一通り見終わったと、道路挟んだ向かいで
壷作りをしている職人さんの仕事を見てきた。

P1100423.jpgP1100420.jpg

この壷というか鉢植えというか…なんでしょうか。
砂に穴をあけてセメントを流し込んで乾いたら取り出して
色を塗って完成、という大雑把なものだけど、
たぶんここに遊びに来ているフランス人が買うんだろう。
ほぼ同じ方法でタイルも作っている。

IMG_6233.jpg

関係性は聞かなかったけど、手伝いながら職人を目指す子も
暑い中、一生懸命仕事をしていた。


さて。
翌日の夕飯に黒大根がサラダになって登場しましたー。

P1100431.jpgP1100436.jpg

おいしかったです。
2012.01.20 / Top↑


2012年1月1日
曇ってるからいいやーと初日の出に起きることもなく、
大晦日についた餅をお雑煮にして、1年が始まった。

今年も大勢の仲間たちと新年を迎えられて、元気で、何より。
だからありがとう

青少年活動B氏の最終上京前々日であるこの日。
考えたら自分自身の任期も3ヶ月切っていて…いろいろ思い出したら

 ありがとう

しか出てこない。

おばちゃんたちにありがとう。
フィムラにありがとう。
家族、そして海さん(飼い猫)にありがとう。

そいうわけで今回の書初めは「ありがとう」。
イラっとしても怒っても泣いても「ありがとう」と、
自分を戒める意味でも。


そして脱厄(笑)。

P1100433.jpg
2012.01.01 / Top↑


昨年12月23日に活動村で拾った猫、海。

 日本に連れて帰ろう

と決めて、早1年。
3月末にはマイクロチップを埋め込んで、2回の予防接種、
避妊手術、血清検査へと、何度もダカールの動物病院へ足を運んだ。

そんな苦労もどこ吹く風(というか苦労でもなかったが)。

あとは連れて帰るのみとなりました。

そのお祝いも兼ねて、この日はサーモン寿司ケーキを作った。
どちらかといえば人間のアタシたちが食べたかっただけだが…。

IMG_5201.jpg IMG_5188.jpg

ホント、よく育ってくれたよ、こんなに健康に。
ありがとう。
2011.12.24 / Top↑


フィムラの家族にBINGO!が増えた!!

アタシは任国外旅行で居なかったんだけど、
フィムラ隊員A氏よりたまたま連絡をもらって知った。

海(飼い猫)同様、こうやってフィムラ家族は増殖します(笑)。
2011.12.06 / Top↑
IMG_4413.jpg

夕方4時を過ぎたころ、ちょうど気温が下がり始めて多少涼しくなる。
その時間を狙って、おもむろにトレーニングに励むおにーちゃんたちが
どこからともなく沸いて出てくる。

IMG_4406.jpg

冒頭の彼らはリュッター(直訳すれば「闘者」かな)。
セネガル相撲と呼ばれるリュットに励む青年たちである。

 俺たちはセネガル・クスクス※1を食べるから強いんだ!

ただ、彼らの食べ方を見る限り、栄養価が高いとは思えないクスクス。
でもセレール人で有名なリュッターは多いみたいだし、
だからこそセレール人の強さの素はやっぱりクスクスでしょ!って、
国民的に認識されている(笑)。

で、いかついかというとそうではなくて、みんなお茶目。
写真撮らせて!!って言ったら、フォーメーション組んでくれたくらい。

このトレーニング場(小学校のまん前)を立ち去って海に近づくと、
今度はおじーちゃんたちのたまり場に行き着いた。

IMG_4417.jpgIMG_4419.jpg

こちらも写真を撮らせて!!と言ったら満面の笑み。
お話にゲームにとわいてるおじさん、おじーちゃんたちの前では
東洋出身のチンチクリンなサルみたいなアタシでもモテモテだ(笑)。

この日は実は、たいした仕事もなく借り物の一眼レフを持っていたんだけど、
デジカメなんかよりずっとカメラらしくてみんなの方がワクワクしてた。

こういう風に何気ない人々の生活を間近で取れるくらい、
コミュニケーションが出来ると良いなーと。
任期終盤になってちょっと寂しくなったのでした。



※1 セネガル・クスクス
ヒエから作る主食の一種。世界最小のパスタと言われるクスクスと同じく粒状だけど、舌触りがかなり異なる。子どもたちはそのままツマミ食いすることもあるけど、ヨーグルトと混ぜてオートミールのように食べたり、魚仕立てのソースをかけて食べることもある。地域によっては水やお湯で食べやすくしただけのものを食べたりもする。コレを食べた翌日は便通がすこぶるいい。
2011.11.26 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。