上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
10月2?4日に掛けて、18人中5人がフィムラに来てくれた。
三十路会とか言いつつ、来れる人皆が来るという会になった(笑)。

もちろん、bien接待※1は必須。
最近フィムラで手に入るようになったエビと、
ジョアル※2の同期にお土産として(苦笑)お願いしたイカを使って
シーフードピザを作ってみました。



そして食べたことのないイカスミパスタをレシピ見て作ってみた。

P1030279.jpg

そして先輩隊員Bと同期K子が釣ってきた魚をB氏が煮付けてくれました。

P1030282.jpg

そして停電の中、わいわいガヤガヤ宴会

P1030276.jpg P1030283.jpg

上記右側の写真にちょろっと写ってると思うんだけれども、
カオラック※3の同期がチーズケーキを作ってきてくれた!!

というわけで、同期未年女の誕生会
歌っただけですが…。
本来の三十路会の目的も達成した次第。


翌日、ティエス※4の同期隊員M氏を迎えた後、アタシの活動村に程近い
ンダンガン・キャンプモン(Ndangane Campement)のレストランにて昼食。

セネガルの伝統料理ヤッサ・プレも観光地ではこんな鮮やかになるんだね。

P1030286.jpg

ここのネコが実はお気に入りで。

P1030288.jpg

店主と話してたら、今度子どもが生まれたら1匹くれるという話。
女の子がいたらちょうだいね?といって、約束してきた。
とりあえず今、我が家のゴキブリ退治隊隊長が欲しいので。


そしてこの日のメイン、ピローグ・ツアーに出発。

P1030297.jpg P1030290.jpg

船に揺られてマングローブを横に見ながら、いろんな鳥の集まる森に行ったり、
活動村から30分ほどのところにあるマル・ロッジで泳いだりした。

その後、フィムラまでひょんなことから馬車でもどることとなり、
なんとなくアフリカ満喫(苦笑)。
そして終着点のB先輩宅にてドラム缶風呂体験。

DSCF6590.jpg DSCF6595.jpg


アタシの前任者が残してくれたという温泉の素を入れて気分は露天風呂。
星空のもと、コロッケやらイカの豆板醤煮をつつきつつ、わらわら騒ぎました。


4日朝、同期はダカールに上京するとのことでアタシはお見送り。
朝6時半のカール(小型バス)にセネガル人とギュウギュウ詰めになりながら、
みんな移動していきました。

この3日間、任地での断水ゆえ1日フライングしたペアもいたけど、
あっという間に過ぎていった。
そして、活動村にも行ったりしてた。

日本に居たころよりよく動いてないか?と驚くほど。
そのうちもうすぐ、ぶっ倒れるかもな…。ムリはしてないつもりだが。

もちろん、これだけの人数をお迎えできたのは他ならぬ先輩隊員のおかげ。

P1030338.jpg

どうもありがとう
いつも頼りにしています。



※1bien接待
セネガル隊員内での流通語。他任地隊員が遠路はるばるやってきたときに施される食事やアクティビティ等をさす。フィムラはbien接待が取り得(苦笑)。


※2ジョアルフィムラから西におよそ20kmいったところにある外海に面した街。セレール族が多く、たまに用事があっていくとセレール語で話せる分、上達した気分になれる…。観光地「貝殻島」からの海の風景は絶好。

※3カオラック
フィムラからだと直線距離で東に65km。乗り換え含めておよそ3?4時間の場所にある内陸都市。市場が大きく、輸入雑貨・食品店も大きいので、何でも手に入る。舗装道路もカナリ整備されているけれど、雨季は道路や家屋の浸水がひどいと聞く。確かに道路はひどかった…。

※4ティエス
フィムラからだと直線距離で北北西に60km、乗り換え含めておよそ5時間の場所にある、セネガル第二の都市。セネガルに来た当初、語学研修とホームステイをした街。当時は「砂の街」という印象があったけど、ここフィムラの方が砂だらけ!ティエスまでならダカールから電車で行くこともできる。
スポンサーサイト
2010.10.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://daysinsenegal.blog63.fc2.com/tb.php/97-ad3ff3bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。