上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
さかなーさかなーさかなー

叫んでも来るわけじゃないけど。
今日はまじめに自分の職場…もとい現場を紹介。

アタシは今、フィムラという村に住んでるけど、
おもに活動を展開するのはンダンガンサンブ※1という漁村。

フィムラに住んで1ヶ月のうち、生活を整えてたので
まだ今日を含めて5回しか行ってないんだけど、
たった5回でもアタシのことを覚えてくれる。
そのくらいレアな存在なんだと思われる、アタシみたいなのは。

現場はケチャ(kecaax)という燻製魚の加工をしているところ。
2002?2005年に燻製用改良かまどの専門家も入っていたみたい。

夜の10?11時ごろに上がってきた魚を女性が買い付けて、
ここのケチャを好んで食べる(と前任者の報告にあった)と言われる
ギニア人が燻製釜で魚を燻す。

これが燻製釜で↓・・・
P1000956_.jpg P1000952_.jpg

こんな風に黒こげになるまで蒸します↓
P1000953_.jpg

燻製釜に1日魚を放置して水分を飛ばした後、
魚を買い付けた女性たちが燻製後の魚の皮むきをする。
P1000948_.jpg

で、日干し台で1?2日間、干す。
P1000945_.jpg

できあがりはこんな感じ↓
P1000946_.jpg

ただね。
最近はピークを過ぎてることもあって、魚がなかなか取れない
だからおばちゃんたちにも仕事がない
出稼ぎギニア人も時間をもてあまさざるを得ない。

たまーに貝や別の魚の燻製も行ってるんだけど、
今のところ、どのくらいの規模でやってるのかとか
まだ調べられていない。

貝↓               巨大魚↓
P1010190_.jpg P1010195_.jpg


ケチャはピーク時でも収支がトントンらしいんだけど、
魚が取れませんって時期にどうやって生活するんだろう。
みんなしっかりご飯は食べてるみたいだけど、うーーーん…。

↓ちなみに前任者作成の収支計算のためのポスター。
P1000943_.jpg

やることがなかったので、とりあえず研修室に貼ってきてみた。
P1000942_.jpg


魚、上がってこないかな。

※1活動村
もうひとつジルンダという村落でも活動する予定なんだけど、まだ行く余裕がない…
しかもかなりシッカリ組織された女性グループがあるらしい。
スポンサーサイト
2010.06.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://daysinsenegal.blog63.fc2.com/tb.php/51-96f824e4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。