上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


村にはあらゆるところにニームが生い茂っている。
どちらかというと街路樹みたいで、木陰はホントに涼しい。
お茶を飲んだり昼寝をしたり、セネガル人の憩いの場だ。

そのニームの葉っぱを使った加工品に隊員は結構挑戦している。
というのも自然素材の虫除け効果があるとかで、
煮出した液で虫除けスプレー(湿布薬)や石鹸が定番の加工品。

だから…というわけではないが、アタシも挑戦してみた。
方法は下記の通り。

  葉っぱを摘んでくる
  ちょっとキレイなのを摘もうとすると、手が届かない。
  しょうがないので低めのものをコッソリ引っこ抜く感じ(笑)。

  石鹸を買う
  ピーナツ石鹸も悪くはないけど、色が嫌いなので
  清潔感溢れる白い石鹸をチョイス。値段は忘れた…。

そして冒頭の写真の通り、主要材料ゲット。

  石鹸を削る
  この大きさ1個半を削ってみたけど、カナリの労力!
  写真は途中ゲンナリしたときに撮影。
  P1100004.jpg
  
  ※石鹸削りには数日要する可能性もアリ!

  いよいよ葉っぱを煮出す
  でも水の分量をイマイチ…忘れてしまい適当。
  P1100071.jpg

ここでそりゃそーだって気づいた。
どう考えたってほうれん草に茹でたときと同じ状況…
そして煮出すって…どの程度?

  適当に煮出した汁に石鹸を溶かす
  少しずつ溶かしたつもりが、勢いよくぶち込んだかのごとく溶けない。
  P1100072.jpg
  ついでに気泡をつくると石鹸としてはよろしくないため、
  泡立てないように辛抱強く溶かしたつもり。

  型に流して数日置く
  なんと…型に流したら力尽きて写真撮り忘れ…。
  利用したのはジュースの1Lパックで、数回の再利用は可能。
  大体の隊員が使ってるっぽいとウワサだけど…
  イマイチなのはアタシの適当さが度を越したためか。。。


以上、ニーム石鹸実験終了。
灰石鹸同様、膨らまし系だから苛性ソーダ使うよりも安全だし、
ガス抜き期間がいらない分、短時間で石鹸ができる。
そして準備も安価で家庭用には悪くはない。

ただし…においは薬草の残念なにおいでした。

別の方法考えたいけど、日本帰ってからの課題かなー
スポンサーサイト
2011.12.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://daysinsenegal.blog63.fc2.com/tb.php/193-3e4b2008

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。