上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
P1110583.jpg

隊員としての任期も終盤で、そろそろお祭でもするか、という頃。
いつも夕飯時に「映画祭したいねー」という話をしていたこともあって、
2月~3月は映画祭月間となった。
放映したのはアフリカ版ディズニーとももてはやされるKIRIKOU
子どもたちにも大人にも大人気のアニメーション映画だ。

<2012年2月8日>
ンダンガンサンブの小学校でポスター作成
フィムラ、ジロール、シマル、ンダンガンで実施することになったので、
ポスターの土台を作成し、小学校で塗り絵の授業をやった。

なんと相手はCM1(小学校5年生)で

 少々相手が大人だな…(苦笑)

とは思いつつも先生が協力的だったので実施。
冒頭の写真はその様子。

色鉛筆、水性マジックの多くはフランスからの観光客が
お土産にくれたらしいが、なにぶん、

 もらったら大事にとっておく

という精神が働いてか、子どもたちはほとんど使わせてもらえてなかった。
それを使っての授業。子どもたちは嬉しそうだった

P1110584.jpg P1110585.jpg


<2012年2月11日> フィムラ映画祭
場所は野外集会所とでも言おうか。子ども祭りをやったところ。
夕方からアタシたちの前任者が作ったというスクリーンを張る。
小さな子どもたちは待ちきれず、あっちウロウロこっちチョロチョロ

P1110931.jpg P1110932.jpg

中高生たちは

 次、何をすればいい?

ってお手伝いを申し出てくるが、おかげさまで特に仕事もない。
しいて言えばこの日、頼んでいたはずのアニメータ※1
隣村の祭で来れないと言い出したり、電気の心配をしたり…。

しかし頼りになるはゴルギー(元日本人宅警備員)
大体のことをボランティアで手配してくれた…しかも手際よく

P1110958.jpg P1110959.jpg

おかげさまで混乱もなく、時間通りに万事終了。
ホント中高生たちがよく働いてくれた。

※1 アニメータ
お祭のときに大音量で音楽を流してくれる音響集団のこと。イカした人が集まる(笑)。


<2012年2月16日> ンダンガンサンブ映画祭

P1120472.jpg P1120476.jpg

去年同様、小学校の校庭を借りてスクリーンを張った。
この村では去年も同じアニメータにお世話になっていたので
余裕の構えで居たが…やっぱりここはセネガル!!

 PCとミキサーをつなぐケーブルがやっぱりない…

しかし落胆は一瞬。
実は去年の事態を教訓にケーブルを手作りしたとか。

 音響があるのに音がでない?!

という最悪の事態は回避できた。

しかし運が悪いのも一瞬ではなかった…
この日は別の会場で、大統領選の遊説祭が行われていたのだ。
もちろん、村の大人という大人はそちらに駆けつけていくので、

 映画祭会場は子どもたちのカオス

混乱に混乱を重ねた挙句に、子どもたちがケーブルを切り、
映画が見れなくなってしまった。
終了まであと15分ばかりのところだった。

話の内容が分かっていた子は謝り、続きを見たいと願い出てきたが、
様子の分かっていない子どもたちばかり。
どうにもこうにも復旧できなかったので解散した。




フィムラとンダンガンは10kmほどしか離れていないが、
映画祭という一つのイベントに対するオリエンテーションが
なぜこうも違うのだろうか…と考えさせられた。

もちろん、フィムラの中高生の方が日本人に慣れているとか、
手伝うことが当たり前だという意識がある。
大人の目を盗んで何かしでかそうとする子どももなくはないが、
誰かがそれをけん制するし、けん制された方も反省はする。
オオゴトになりそうでならないのだ。

対してンダンガンの子どもたちは、幼い子が多かったこともある。
いつも居るはずの高学年の子どもが少なかったのは事実だ。
手伝いをする子もいたが、大体は見ているか邪魔をする。
そして何かしでかそうとしている子どもにみんなでついていく(笑)。
アニメータなど数人大人はいたが、ほぼ放置。
結果、オオゴトになる。

以前、小学校隊員のA氏と話をしていて、彼女が言っていたのは、

 ンダンガンの子どもたちの方が、フィムラの同学年より幼い

ということ。たしかにそうだな…と思わなくもない。
では何がそういう結果をもたらしたのだろう…?!

思い起こすほどに興味深い。



スポンサーサイト
2012.02.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://daysinsenegal.blog63.fc2.com/tb.php/192-f1df64c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。