上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
P1090993.jpg

企画調査員(ボランティア)※1のSさんに話を聞かなければ
こんな興味深い学校があるなんて知らないで任期を終えていた。

この学校に新規ボランティアを送るかもしれないという話を聞いたとき、
いつか何かできないかな…とおぼろげに考えて、調査員さんたちの出張に合わせて
ものづくり会のメンバーが少々同行させてもらった。

P1090977.jpgP1090978.jpg

もとはオランダの援助で設立されたこの職業訓練校。
1967年、セネガルでもキリスト教の多いこの地に建設された。
受け入れている学生は宗教は問わないがキリスト教徒が多い模様。
学生たちは高校を卒業したあと、この学校に入学。
月に4000fcfa(だったと思う)の月謝がかかるが、
支払えない学生の場合は奨学金があり、寮もある。

セネガルにしては良くできた学校だ…。

就業期間は3年、被服と調理のコースがある。

P1090990.jpgP1090997.jpg

現在、この職業訓練校の財源は援助ではないと聞いた。

P1090979.jpg

週5日のカリキュラムで学生が手がけた洋服やジャム、石鹸などを
観光客相手に学校先の店舗で売ったり、
フランスから直に発注を受けて収入を得ているらしい。

ずいぶんとシッカリした学校である。

そんな学校に被服関係のボランティアを入れようかとJICA側は計画していたが、
実際に話を聴いてみたら、手作り石鹸の質をあげられるような
ボランティア先生が欲しい、という事実が判明した。

なんにせよ、フランス語がしっかり分からないので詳細は不明だが、
とても楽しい学校訪問だったな、と。

ものづくり会としては今後、セネガル布のドン・ワックスで日本の浴衣
製作してもらえるよう、交渉してきた次第です。
続けば良いなー。


※1 企画調査員(ボランティア)
元のボランティア調整員。でも今でも「調整員」と呼んでしまう(笑)。派遣ボランティアの生活、活動、支援等々の雑務を一挙に引き受ける、縁の下の力持ち。「調査員」と肩書きが変わった今もやる仕事は変わらないが、ボランティアに関する案件発掘・調査等を積極的に行うことが求められるようになったらしい。
スポンサーサイト
2011.12.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://daysinsenegal.blog63.fc2.com/tb.php/188-8cd6cc53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。