上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


同任地小学校教諭隊員A氏のおじさまが数日間、フィムラに滞在された。
そんなわけで、マングローブツアーへ行くこととなった。
早朝6:30過ぎに出た船の上から見た朝日が何とも言えず気持ちよかった。

今回は地元の釣り師が動かす格安の小舟で一同、出航。
普段、誰かが来たときに乗るのは鳥を見たり別の村へ行ったりと、
見ることが多かったマングローブツアーだけど、
今回は朝日と釣りがメインとなった。

そう、玄人はもちろん、素人でさえアホのように釣れてしまったのだ。

DSC_0251.jpgDSC_0255.jpg
DSC_0258.jpgDSC_0256.jpg
PA150220.jpgDSC_0253.jpg
念のため、上4人が玄人集団。

なんとこの日、釣り糸を垂らすだけで入れ食い状態
釣りマスターの同任地隊員B氏もなかなかこんなことはないと言うほど。
結果、とんでもない量のワース(ティラピア)を釣り上げた。

PA150221.jpgPA150222.jpg

昼近くにはこれだけ捕れてしまったのである
そしてお昼ご飯を船の上で食べてみた。
メニューはおにぎり卵焼き

DSC_0266.jpgDSC_0263.jpgDSC_0264.jpg

遠足や運動会となるとお弁当が欠かせないのは日本人なのかなぁ...。
味もあるけど、おにぎりはセネガル人にウケなかった
ただ塩味しかしないご飯なんて、濃い目の化学調味料に洗脳された(苦笑)彼らの舌には甘味でしかないかも。
日本人ウケは太鼓判付きでホッとした

ご飯を終えてしばらくして潮が引いてきたので沖合を退散。
復路は気持ちよすぎて船の上で寝てしまったくらい

陸に戻ると子どもたちがわらわらと集まってきて、大量の魚を物欲しそうに見ていた。
DSC_0271.jpg

その後、B氏とアタシは捕れすぎた魚を近所に配り歩いた。
そして夕方、A氏のおじさまにホテルディナーをごちそういただきました。
DSC_0330.jpg
そのあと何となくおじさまの部屋のベッドが良すぎてごろごろしていたら朝になったとか…ないよなぁ…。あったけど、実際。
いやはや半端なくお世話になりました。頭、あがりません…。


バカンスを最後の最後まで(はみ出してしまうくらいに)満喫したアタシたち。
任国外旅行も楽しいけれど、改めてフィムラが本当にいいところで、
観光においてはもちろん、生活するにもマングローブは欠かせないと実感した次第。
任期があと5ケ月切ってるって、惜しいなぁ。
スポンサーサイト
2011.10.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://daysinsenegal.blog63.fc2.com/tb.php/176-2ab1d29c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。