上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
P1070787.jpg

これで3度目の灰石鹸講習会。
Eau de Javelにしても灰石鹸にしても、これら講習会は
おばちゃんたちを虜にしたようだ。

 ねぇ、次はいつ講習会やってくれるの?早くしようよ!

とか、

 いつでも石鹸作れるように灰、準備してるのよ。

って、村に行くたびに声をかけてくれるおばちゃんたち。
アタシの体調が辛くても、日程的に無理があろうと、
頑張ろうとしているおばちゃんたちの出鼻をくじいちゃいけない。

むしろ…それがプレッシャーになるときもあるんだけど…

どっちにしろすぐに取り掛かるのも完成するのも、
そう時間がかかるわけでないので、大した準備もなく講習開始。

1日目、いつもどおり灰を篩いにかけてもらって、
水と混ぜたあと、一晩寝かす。

 P1070749.jpg

2日目、おばちゃんが持ってきてくれた石鹸を細かくし、

P1070757.jpg

前日に準備した上澄み液を漉して火にかける。

P1070759.jpg P1070766.jpg

そしていつもどおり、ちょっとずつ石鹸を溶かしていったのだが…

P1070781.jpg

泡だけが立ってしまった。
大して強くかき混ぜたわけではないのに。

楽しそうにしていたおばちゃんたちの顔にも不安が走る。

 Nilane、コレ、だいじょぶなの?!

そんなこと、アタシにだってわからない!!


後日、村に行ってみると、おばちゃんに笑って言われた。

 ちょっとねぇ、こないだの石鹸失敗したのよ。
 ぜんっぜん固まらなくてね!


やっぱり…。


敗因はなんだったんだろう…
一番に考えられるのは、火力が弱く上澄み液が沸騰しなかったこと。
炭を使っただけの火力では、熱効率も悪いみたい。

そして石鹸の種類
どうやらこれも敗因の素、だろう。

雨季だから固まらないなんてことは、たぶんないはず。

雨季が明けたら、おばちゃんたちとの時間も増える。
もっともっと研究しないとだなー。

スポンサーサイト
2011.08.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://daysinsenegal.blog63.fc2.com/tb.php/166-5a3c441b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。