上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
日本は東北・宮城で大地震が起こり、未曾有の津波が発生。
それからおよそ5日経った。

停電はあるけれど、電気が帰ってきたときはまず、メールを確認。
動画サイトで配信されている地震情報をつけっぱなしにして過ごす。
そんな日が続いてる。

週末はブルキナファソの同期が来ていたのでホテルに泊まっていたアタシ。
CNN World Reportでは今回の地震のすさまじさが絶え間なく伝えられていた。
津波に流されたおびただしい数の車を見て、不謹慎にも

 あー、キャラメルが転がっていく…

と思ってしまった。出来すぎた映画、と言っても齟齬はない。
そのくらい、遠くにいると実感が薄まる。
それでも、新たな被害の情報や静岡で発生した地震の情報を耳にするたび、
不安は募る。
要するに、へんな感じがする。


いっぽうで、世の中捨てたもんじゃないな・・・と思うことがしばしば起こる。

先週末、出先でSkypeをしていたとき、大家姉の夫から突然の電話。
取り損なったものの、すぐにメッセージが来て、
 
 家族は大丈夫?連絡付いてからでいいから、電話ちょうだいね。

と、言ってくれた。
すぐに電話をしなおして、状況を伝えたしだい。

週末、ホテルで過ごしている3日間も、私たちが日本人と知ったとたん、

 日本、大変なことになってるね。ご家族は大丈夫?

と、フランス人もセネガル人も声を掛けてくれた。


そして今朝、隣村の小学校の先生に用があって行ったら、先生たちから

 今、地震と津波で、原発までたいへんなことになって、
 日本がとんでもないことになってるね。
 心配だろうけど、祈るしかないね。
 チェルノブイリの二の舞なんてことにならないと良いんだけど…


と、ものすごく心配してくれていた。


で、今日の昼。ついさっき。
およそ1年前に語学研修を担当してくれた先生から電話が来た。

 テレビで見たよ、日本のこと。
 家族はだいじょうぶ?
 ダカールに来ることあったら会おうね。心配だよ。


と、言ってくれた。


地震も津波も知らないセネガルの人たち。
それでもことの重大さを認識して親身に心配してくれる。

アタシは日本から遠く離れて、この地震に対して何かが出来るわけでもなく、
ただただ慕っている人たちの無事を祈るばかり。
せいぜい、電気のあるときにネット募金できるくらいだろう。

 無力。

その一言に尽きる。

でも、この震災についてセネガルの人たちに伝えたり、
そして逆境を何度も経験して今の日本を築き上げたことは伝えたい。
それがセネガル人の心のどこかに引っかかってくれればと思う。

その取っ掛かりがセネガルを変えていくことを願って。

スポンサーサイト
2011.03.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://daysinsenegal.blog63.fc2.com/tb.php/148-0c311914

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。