上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
3週間ほど前、上京した際に現地業務費※1を申請。
その申請許可が先週末に下りた。
そして昨日、金物屋に行って見積書どおりの機材を購入。
一輪荷車、スコップ、熊手、フォーク各5台ずつ、合計107,750fcfaのお買い物。
この片田舎においては、相当なお買い物だ。

それら物資を本日、10km先にある活動村まで運ぼうと馬車を頼んだのだが…



荷車をまだ組み立て終わってなかったみたいで(苦笑)。
結局馬車のおにーちゃんたちにも手伝ってもらって、5台が完成。

金物屋のおじさん曰く「馬車3台は必要だよ!」って話。

P1030639.jpg P1030641.jpg

しかしこうやって↑1台で運んで行くこととなった
舗装道路を通って・・・

P1030645.jpg

干潟を横切りながら村に入っていき、無事10kmの道のりを走破。
“歩破”に近いが。およそ1時間の道のりだった。

P1030646.jpg P1030649.jpg

おばちゃんちまでたどり着いたら子どもが大喜び!!

P1030653.jpg

ついでに踊ってくれました。

[広告] VPS


来週月曜に会議をするので、それまではおばちゃんちで保管。
保管場所に子どもたちが運んでくれた。

P1030651.jpg



同期の日記で読んだけれども、何かを始めようとしても、
本当にお金が何もない状態で、何かを始めることはとてつもなく難しい

今回、この活動村のケースでもそうだった。
お金のある人はあるけれど、清掃活動に必要な備品をシッカリ揃えられるほど、
お金が有り余っている人なんて居ない

ただ、何の苦労もなく、モノを簡単にあげてしまうことが良いのかどうか、
散々悩んだ挙句に現地業務費を申請するに至った。

無論、おばちゃんたちが何の負担もなしにこれだけの資材を得たわけではない。
今後、洗剤や漂白剤、個々人が使う軍手等は自己負担してもらう。
それを条件に今回、備品を揃えることにしたわけだ。

今後、時間のあるときに手芸関係のことを学んでもらって、
ケチャ(燻製魚)のオフ・シーズンにも現金収入が出来るような仕組も作っていきたい。
この話には幹部のおばちゃんたちも乗り気だった

さてさて。雨季も明けたので来週からガッツリ清掃活動をやっていく。
こちらの活動は午後になりそうなので、午前は小学校で環境教育かな。


だんだん忙しくなってきたので、今日はタクシーで帰るついでにマットレスを新調。
これまでのマットレスはカラダが沈むスポンジタイプで、カラダが毎朝痛かったのだ。。。

P1030670.jpg

道端で売っているマットレスを倒して、試し寝
こんなことが出来るから、セネガルっていいな、って思う(笑)。




※1 現地業務費
受入国の配属先で活動経費が負担できない場合、隊員が申請できる活動経費。これをとっかかりに色々な活動が展開されている。
スポンサーサイト
2010.10.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://daysinsenegal.blog63.fc2.com/tb.php/104-438c7bb0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。