上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先週日曜日、フィムラから1時間ほどの距離にあるジョアルに行った。
同期にかぎ編みを教えてもらうために。

そして1週間経った今日、寸足らず感はあるがポシェットが出来あがった。

P1050967.jpg


素材は端切れ布
それを紐状にビリビリ裂いて、延々と、ただひたすら編む。
初心者だから所要日数およそ4日


・・・これって技術かなぁ


アイディア源はルーガ州コキ郡コキ村※1の村落隊員(1隊次先輩)。
仲良くしてもらったついでに自分用にひとつ作ってもらったところ、

 あー、これ、ンダンガンのゴミで作れるかも…

と思い立ったのだ。

毎週火曜日のSet-Setal(清掃活動)で掃除する村の干潟付近。
どんなに掃除しても、やっぱりゴミを捨てていく人がいる
これにはおばちゃんたちもイラっとしているんだけど…。

そのなかにクチュリエ※2がいると思うんだ…

P1040829.jpg

クチュリエが捨てたといわんばかりの大量の端切れ布。
いろんな種類があって色鮮やかで…ある種ゴミ溜めの装飾っぽくもあるが…

P1040833.jpg

子どもたちと一緒に集めたついでに何かしたいなと思っていたため、
バイクで家まで持ってきて放置してあったこの端切れ布。
洗って裂いて紐にして編んでしまうことにした。

・・・といっても、そう簡単じゃない

村のおばちゃんたちに言ってみたらやる気はあったし、
かぎ編みはおばちゃんたちも出来る人が多い
ただ…試しにやってもらったら、帽子のように丸くなった

P1050968.jpg


そういうわけで、今後、出来そうなおばちゃんを捕まえて、
加工場で訓練でもしようかと初心者のくせに考え中。

 援助業界で言う技術移転

なーんておっきな話には及ばないんだが。

でも、隣の村が観光業で多少栄えてるわけで、そこで売れたら
時期によってはおばちゃんたちの副収入源になりうる。
幸い、どちらの村でもアタシの顔がきくようになってきたので(苦笑)、
ちょっとずつ売り込んでいけたらなーと思う。そして
ゴミ捨て人がいなくなるまで続いたら良いな、と。

というわけで、しばらく見本作りに奔走する予定。




※1 ルーガ州コキ郡コキ村
ダカールの北東に位置する村。ダカールから乗り継ぎ入れてだいたい6時間くらいかかるところ。

※2 クチュリエ
服の仕立て屋さん。どんな村にでも数軒はある(けど競争している風ではない)。ザ・クチュリエ的な店構えのところがほとんどだけど、民家に潜んで口コミで客を引き寄せる仕立て屋さんもある。
スポンサーサイト
2011.02.27 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。