上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
aa domaa de とは、現地のセレール語で「難しい」の意味。


今朝、運転免許の試験があった。
朝8:00までに州都ファティックの交通局に行かねばならず、
お隣ティエス州チャージャイに住む同期宅に一泊世話になって臨んだ。

時間通りに着いて、試験開始を待つことに。
でもここはセネガル。
開始したのは9:00を回っていた。

試験問題はというと、もちろん交通規則について。
筆記試験だと聞いていたんだけど、口頭試問だった
もちろん、フランス語。

日本ではありえない試験方式で、

 ひとつの部屋に23人がギュウギュウ詰めに座って、
 一人の試験官が出す3つの質問に順番で答える


という感じ。

というわけで、筆記の用意だけして行ったら、口頭試問で、
試験官の話し方が聞き取りにくく、結果、

 何を言っているかわからないうちに、試験終了…。


任地に入ってから、フランス語がおぼつかなくなり
セレール語とフランス語のちゃんぽんで生活しているため、
答えようにもフランス語が出てこず、しかもわからなかったので

うっかり

 Andiim(わかりません…)

と答えてしまった…。

コトバがネックで落ちるって、どうなんだろう…。
何のための駒ヶ根2ヶ月生活だったんだろう…。
もう一回、30000fcfa(およそ6000円)払わなくちゃならん…。

結果が判るのは月末。
どーなるんだろう。。。
スポンサーサイト
2010.06.17 / Top↑
今日で56日目。
もう訓練終了まで10日を切ってる。

そんな今日は予防接種最終日
摂取したのは破傷風で一番痛かった。
で、痛すぎてやっぱり叫んでしまった
針刺して薬入れてる間になんとなく鳥肌が立って、とにかく痛い
血もなかなか止まらず。。。

ともあれ、予防接種のフルコースをやっと食べ終えた。
A型肝炎2回・B型肝炎2回・狂犬病3回・破傷風1回。
本当にごちそうさまでした。



一方で今日、職種別のフランス語クラスも最終回
同じくセネガル赴任の頼れる男子(苦笑)とともにファシリテータ役を担当。

これまで4回、ディスカッション中心で進んできたこのクラス。
実はその「ディスカッション」がなかなかうまくいかない。
何を牽制してか、「じゃ話し合ってみて」というと、みんなが黙ってしまう

最後までそんなのが続くのはムリーーーと思ってたところ、
そのセネガル男子も同じコトを思っていた(半ば憤慨?)みたい。

で、一緒に架空のJOCV案件を作成。
フランス語にしたらちょっとばかし難しい単語もあったけど、
初見で理解くらいの題材を作ってみた↓

-------
K村の事例
  人口:およそ250人。
  要請内容:女性グループの収入向上

この村に赴任して3ヶ月ほどになる協力隊員。
要請内容を踏まえて農産物の調査を行ったところ、以下のことが分かった。

 村人の多くは自宅の庭で採れる野菜やイモ類で食生活を営んでいる。
 ブルーベリーの実が至るところになっているが、村人はとくに
   食べるわけでもなく、加工するわけでもない。
 地域には以前から女性グループがあり、女性たちは主に家事・育児について
   情報交換をしている。また年に一度の村祭りには近隣の村からも人が集まる
   ため、この女性グループはもてなし料理の準備をする。
 男性の多くは農業従事者。村の集会には男性が参加する慣習がある。

この協力隊員はブルーベリーの実をジャムにする工場をつくり、女性グループの収入向上の機会にすることを決めた。
このプロジェクトを女性グループに伝え、翌日から活動を始めたのだが、なぜか日に日にメンバーが減っていき、工場を運営するにも人数が足りなくなってしまった。そのため、女性たちがグループに戻ってくるよう、以前からメンバーだった女性宅を訪問し、工場プロジェクトに参加するよう理解を促した。

-------

で、チーム・セネガルが村長夫婦を演じて残り4人がJOCV役。
準備に3時間くらいしかかけてない割りに、結構リアルさのある内容だったと思う。


が。
やっぱり頓挫した。
大した言葉も出てこないんだけど、こちらが話すばかりになってしまった。
・・・というか、この設定は間違いなく穴だらけだから質問が飛んできてどうしようもないだろうと踏んでいたんだけど、それが外れた


結局、時間的な都合もあったし、もともと結論も出すつもりもなかったのから、問題共有後の訪問タイムでこのセッションを閉めたんだけど、やっぱりディスカッションてうまくいかないのかな。。。

クラスが終わってから即席相方とpetit反省会。
やっぱ1ヵ月後には任地にいるわけで、それで言葉が分からないとか気分が乗らないとかでアノ状態(つまり無言タイムが無駄に多かった)は…マズいよね、というオチ。

3度のメシを食って朝はラジオ体操付。
そして210時間で高クオリティのフランス語教室。
勉強と課題をこなしてればそれなりに生活できる今の環境で、
一言も発せないということはないんだけどな。

他人のことを言えるほどフランス語に堪能なわけではないけれど、せっかくの機会を無駄にするかしないかは、当人次第なんだなと再確認した今日のアトリエクラスでした。
2010.03.02 / Top↑
というか、任地で起こりうる事態にパニクらない免疫をつけるための経験だったというか。

この訓練所の暮らしで一番ウェイトを占めてるフランス語学習。
そのホームクラスでガタガタした一件があったのは先日お知らせしたとおり。

で、建設的お話し合いを試みたんだけど・・・クラスは瓦解。
当初は望んでもいなかった先生を変えるという解決策が採用された。
訓練はあと3週間しかないから、できれば今まで担当してくださった先生が良かったんだけどね。
しんどいとは言っても、じっくり型の彼女の教え方、私はわりと好きだったし。

でもその教え方は、2ヶ月でフランス語を習得するというmandateには合致しないし、そもそも彼女という人が信頼できなければ、成り立たないものだった(そこは彼女も理解してた)

だけど1ヶ月前くらいに友人が一人、先生に無視されるようになった。
その後もクラス一丸となって頑張ろうって雰囲気を作って、
なんとか訓練修了までこのクラスでいきたいと思ってた。でも、

自分勝手に努力して私の教えたとおりにフランス語を習得していかない学生に、目をかける必要はないし責任も持たない。

というのが先生のスタンス。
自分の教えることを頑張ればテストは満点を取れると疑わない。
1つリクエストをあげても、自分のやり方が正しいという誇りをごっそりとぶつけて返してくる。
そして自分のルールにそぐわない学生を排除するようになった。

結果、先生に気に入られていた子たちでさえ、先生を信用できなくなってしまった。



  ・

  ・
 
  ・


もうちょっと早く話し合いをすれば良かったのかな、とも思う。
でも、彼女のtemperを見てると、やっぱり結果は同じだったのかな。

なんにせよ、瓦解成立の日は悲しすぎて、やりきれなくて、
その上KTCにも居たくなくて、クラスメンバーで飲みに出た。
クラスで飲みに行くのはこれが初めてだった。



翌日の今日は、それぞれ他のクラスに里子に出されて、
貿易ゲームBafaBafaで体験したカルチャーショックに出会ったみたい。
私でさえ、いろんな感情が入り混じって泣きたくなった。



任地に行ったら、似たようなことに遭遇するんだろうな。
そして以前フィールド調査中や留学中にやりきれなくて号泣したみたいに、
30過ぎてもおんなじ気持ちになって泣いちゃうんだろうね。
そういうよくわかんないプロセスがあるから成長できるのかもな。

と、思っておく
2010.02.19 / Top↑
さっきスカイプに久しぶりにログイン。
驚いた、見慣れない画面で。
というのも、コンタクト以外は全てフランス語になってた。

たぶん、PCにフラ語を追加したからなんだけど、そんな影響あるんだ?!

とりあえず英語への戻し方が不明なので、フラ語でがんばろうかなーってところ。
さっそく単語もいくつか覚えたし


そんなことはさておき。

現実的な話をすれば、フランス語の宿題がどっと増えた。
特訓中だから当然の話なんだけど。
唐突というか、先生の気分次第というか。

そして今日。
43日目にしてクラスと先生との信頼関係が壊れたっぽい。
ガラガラガラガラ?って。
そういうわけで、明日は朝からちょとした話し合い。
今ここで喋れるチャンスを自分たちで作らないと、
任地でけちょんけちょんにされちゃうでしょ。
どうか双方にとって建設的な話し合いになりますように。
2010.02.17 / Top↑
今日からL'atelier開始。
職種別のフランス語クラスのことです。
普段は語学教室のような勉強をして、残り1ヶ月弱のうちの週2回午後の時間に、そのクラスが入るというプログラムです。

話す内容はまず、任地での活動を想定したりシチュエーションを設定。
自分がファシリテータになって30分くらいのワークショップをします。
これで多少はスムーズにフランス語が出てくると思うんだけど…。

今日参加してみて、思うように発言できないことに愕然とした。
書くのだけは得意…でもないけど、そんな感じで。
ボヤボヤしてたら任地に行ってもトンボ帰りになっちゃうよなー。

来週にはTarget Language Weekなるものが始まるから、
無言で一週間過ごすことのないように、頑張らんと。

まぁ無言はなくても、英語で乗り切るような生活になっちゃいかんなと思う。


ちなみにこんなにテンションが低くなったのは、予防接種のせい。
今日はA型肝炎でした。
薬を押し入れるときに痛くない注射ってないのかなー
2010.02.16 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。