上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、2回目の所外活動へ。
先日もお世話になった花卉栽培農家へ朝から出向いた。

農家での一日は、作業以外は結構ラクというか…
お茶の時間がやたら多かった。↓

P1000574.jpg

グチではなくて(苦笑)、要するに言いたいのは、
農家で流れる時間がアタシら訓練生の時間感覚とまったく違う、ということ。今日の午後にあった所外活動報告会なるものでそのことに気がついた。

どうやら、一つのハウスの清掃が終われば良いワケではなく、
適切な時期に苗を植えられるようにハウスの床が整っている
ことがもっとも大切なんだろな。
それこそ、次に苗を植えるときに植えやすいようにハウス内の備品の
片付けの仕方にも工夫することが必要だったのかもしれない。

一方アタシらはというと、2日間でできることを効率的にやらなければ
手伝いに来た意味がないのでは?と、ひたすら草抜きやら枯葉の運び出しに精を入れた。

長期的な計画がベースとなる現場で、短期的に効率の上がる方法で対処する。
このスタンス、最初は機能してもどっかですれ違っちゃうんじゃない?!

このすれ違いを埋めるのが、たぶんコミュニケーションなんだと思う。

話はまとまらないけど、もう寝る時間。
すでに頭が回らない。
スポンサーサイト
2010.02.06 / Top↑
JOCVには訓練中に2日間、所外活動という日がある。
訓練所近隣の農家さんや社会福祉施設でお手伝いする日です。

普段と違う環境でどのように振る舞い、人々とかかわり合い、
  役に立てるかを実践する。
それぞれのニーズにあった協力活動をする。

というのがねらいだそうだ。

そういうわけで、今回、あっしは花卉栽培農家に訪問。
村落開発普及員なのに一度も泥臭いことしないで任地には行けないだろぅ…。
そう思って農家か花卉栽培農家を希望したのだ。

で、朝の8時半?つなぎを着て長靴履いて、農業従事者をしてきました。
この日の作業は、カーネーション栽培のビニールハウス内の後片付けだった。

<お片づけ前>
P1000507_.jpg
  ↓
<お片づけ後>

P1000519_.jpg

ともに派兵された同期訓練生6名と夢中で作業をしたんだけど、
気がついたらマスクした鼻の中まで真っ黒。。。
綿毛が多かったために顔をこするとネコのように毛羽立つし。
でも普段動かさない体を目一杯使ったから、気持ちよかった

普段はこの作業、この農家さんのお母さんだけが数週間かけてやるんだそうだ。
決して楽な作業じゃないけど、マンパワーならぜひ訓練生をと思った次第。


この活動のオリエンテーションでは、
指導してもらうだけではなく、お客さんでは終わらない活動を
と心がけるよう伝えられた。
でも、上げ膳据え膳というか、10時と3時のおやつに昼は豚汁までいただいて、なんだかやっぱり「お客さん」だよね。しかもちょっと痛んでるから…といってリンゴと洋ナシまでもらって帰って来たくらい
来週はもうちょっと、この心がけ部分を意識しようかなーと思う。
2010.01.28 / Top↑
会社で言えば雇用契約にあたるのかな。
入所早々にサインした合意書が面談で返ってきた。

P1000481_.jpg

訓練所には生活班という制度がある。
派遣先も職種もバラバラの人たちが20人弱集まって、一つの班。
朝の集いや食事当番や事務的連絡のやりとりをこの単位でやるの。

で、面談はその班を担当するスタッフさんとの面談。
大体が協力隊出身者で、ウチの班は野球隊員として中南米で活躍された方。
ちょっと強面で下手なことは言えないと思ってたんだけど、
結局しゃべり倒してしまった。
というか、とくにここでの生活に心配がなくて、色々聞かれた挙句の果てだけど。

そいうわけで、下記のとおり、セネガルで活動してきます。
P1000482_.jpg

2010.01.21 / Top↑
2010年1月6日、平成21年度4次隊(400名くらい)の訓練所生活が始まった。

この日を境に、あっしの居る駒ヶ根青年海外協力隊(JOCV)訓練所では、
JOCV(20?39歳)とシニア隊(40?69歳)あわせて207名が訓練生活を始めることとなった。

といってもまだまだ序盤

生活や健康管理、講座受講等々に関するオリエンテーションをひたすら受け続け、
2日目の入所式で合意書を提出し、
語学(あっしはフラ語)のクラス分けテストを受けた翌日に語学授業開始。
頭真っ白けで自己紹介をしたら歌ってしまい、げんなりした直後に公用旅券用写真を撮影。

とりあえず、この3日間は24時間をフルに使ってる感じ。
こんなの久しぶり。

そんな中で妙な同居人?!がいました↓

wow

こんなのを初日から3匹も捕まえて外に放った。

そう話をしたら、同じくセネガル派遣予定の訓練生に
越冬するために室内に居るんだから、外に放るということは殺しちゃうってことなんだよ
と若干怒られた(苦笑)。

でも…あっしだけではなかった。
同じ班で訓練前研修から一緒だったコスタリカ派遣予定の訓練生の部屋には、
すでに10匹以上のてんとう虫がいて、大体外に放ったって言ってた。

もともと虫に弱い人間にとって、突然飛んだり落っこちてくるような虫は本当に怖い。
でも、そういう人って意外に多いんじゃない?!

そういうわけで、これも訓練の一つなのかなーと思ってます。

ちなみにお部屋はこんな感じ↓
heya2 heya1

ドアには、今日気がついたんだけど、マークがなぜか書いてありました…。
見たい人はご自由にどうぞ。

今は、部屋のすぐ向かえにある洗濯場の洗濯機の始まり・終わりの合図音が
実家の洗濯機と同じなので、気になって仕方がない
2010.01.08 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。