上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
P1130382.jpg

2012年2月29日。
2012年元旦からほぼ2ヶ月も経ってしまった。

やっと初日の出を拝めました(笑)。
無論、自分のための「初日の出」ですかね。

家に戻る頃にはもう、小学生の登校時間になっていた。

2年目はあんまり、天気が良くなかったなと振り返る。
日の出に関して言えば、だけど。曇ってばかり。

もうすぐ帰国なんて、信じられないね
スポンサーサイト
2012.02.29 / Top↑


いつもお世話になっているおばちゃんの孫、ダバ
アタシがフィムラに来たころはお座りも出来ない、ちっちゃな赤ん坊だった。

それが、モノをもらって

 Merci

といえるようになった。
無論、この動画では言わせているんだが…(笑)。

一時期はアタシを見れば、泣いてどうしようもなかったダバ。
最近はうちに来るといつも笑って機嫌がいい。
アタシのことも呼んでくれるようになった。

アタシたちにとってのたった2年は、子どもたちにとって大きな2年。
時間ってすごいなーと思って。




2011.11.16 / Top↑


同任地隊員Y氏が帰国のため、最終上京したその日の夕暮れ。
Y氏の同居人A氏が

 なんか、マイアミみたいですねぇ。

って言った、フィムラの空。

ここフィムラは言うまでもなく、高い建物なんて皆無。
ヤシの木やマンゴー、カシューナッツが生い茂る土地。
そこで眺める太陽は、朝でも昼でも夕方でも、
なんとなく心を元気づけてくれる。

そんなフィムラにアタシがいられるのも、ほぼ半年。
いつもどおりみんなと一緒にいたのに、なんだろう…。
寂しさがじわじわと心を襲ってきた感覚があった。
なぁーんにもしてないな自分…っていう悔しさとともに。
2011.09.19 / Top↑
P1070330.jpg

ただ疲れただけだと思う…。

実は先週水曜日からずっと村に行っていない
村落開発普及員なんて肩書きを持つことがはばかられるばかり。
というのも、胃潰瘍疑惑に苛まされていたのだ。

精神的なストレス…?!とフィムラ隊員に疑われたのだが…。

思い起こせば

 度重なる上京
  3月下旬から3週間に1度の頻度でダカールに上京。
  報告会やら同期旅行やら海(飼い猫)の予防接種等々のため。

 活動の継続と本格化
  ンダンガンサンブでは清掃活動に加え、2度の講習会開催。
  シマル(フィムラの隣村)でもマイクロファイナンスの準備を本格化。
  よってバイクに乗ってばかり。 
  その上、清掃活動中はだいたい子守もしてる(上記写真はアタシの背中で寝るばーぶ)

 来客ラッシュ
  自分の同期も含め、よくお客さんが来てくれて喜ばしい限り。
  が、上記のとおりほぼ毎日活動しており、来客者にも面倒をかける始末。

こんなことが立て続けだったので、普段からシングル・タスキングのアタシは、
いっぱいいっぱいになってしまったらしい。

おまけに移り住んだこの家のことについて、大家を含め3人ほどのセネガル人と
常に交渉をしなければならない日々がおよそ1ヶ月続いている(今はないけど)。
言葉もきちんと通じない分、これが一番のストレスかな(苦笑)。

そういうわけで、疲れた挙句に胃潰瘍疑惑発生
5日間、みぞおちの下辺りで胃が引きつったように痛んでくれた。


そしてその5日間も含めおよそ1週間、いろいろ考え事をしてしまった。
というか、むしろいろいろ考える良い機会だったと思う。

 ここでの任期を終えたあとの進路のこと。
  もうちょっとセネガルにとどまろうかどうかということ。
   日本にいたときに仕事上で起きたトラブルのこと。    
    フランス語の勉強のこと。
     猫のこと。

何を考えたか忘れるくらい、考え事をした。
うっかりすると思考がネガティブになりそうなほどでした(苦笑)。
だから、ちゃんと元気になったら村に戻って忙しくしようって、
変なモチベーションが湧いてきた…。

結果的にはまだわからないけど、胃潰瘍疑惑は晴れたっぽいので、
明日辺りからぼちぼち頑張ってみようと思ってるところ。



こんなふうに話しながら、一緒に何かしていきたいんだよね。
このまま任期をまっとうしたとしたらあと8ヶ月ほど。
これからどうなるかな。

P1070344.jpg

できればこうやって、アタシが手伝わなくても自分たちだけで

 「やろう!きれいにしようよ!」

とイニシアティブ持って、お掃除を続けてくれたら嬉しい限り。
2011.07.14 / Top↑
4月2日、32歳になった。
数えでは33だから後厄らしいが、やっぱり厄年だと思った

おなじく4月2日夕方(日本時間)、本ブログのサーバが緊急メンテ。
その結果、過去のブログ記事、コメント、プラグイン等々のデータが
すべてぶっ飛んだ

おかげで、返しそびれていたコメントは消えてしまい、
・・・というか、自分でブログ見ても何にも出てこずで、

 あーあ、こりゃー厄年の幕開けだ・・・

って、思った。
まぁ、自分に災難が降りかからなかった結果ならいいのだけれど。
というわけで

 コメントいただいたのに消えてしまった方々、
 本当にごめんなさい。。。

とりあえず、すべての復旧作業が完了した模様で、
新たなデータを載せても大丈夫そうなので、今日更新に至った次第です。


さて。厄年の話。

過去の記事データがぶっ飛んだことに打ちひしがれて3日目くらい。
何かをしまおうとキッチンの食器棚を開けたら

 おもむろにゴキブリ(赤茶色、巨大)が降ってきた

一瞬叫んだものの、どこかに行ってしまったので、
そのうち出て行くだろうと放置したんだけれども…

井戸が水源の水道がまた壊れたため、キッチン出口で
セネガル人的に洗い物をしていたところ、

 我が家に生い茂る木々を伝って件のゴキブリが
 こともあろうにアタシの肩に乗って這ってくれた…。


やっぱりイヤです。
2度目も叫んでしまった。

が、日本にいたときとは違う。
明らかにアタシが強くなったのか、

 これは生かしておけん

と、件のゴキブリに殺気を覚え、殺虫剤を部屋から持ってきた。
ちょうど置いてあったバケツの下にもぐりこんだところを
シューーーーっと、長めにひと吹き。
ゴキブリはあわてて逃げていった。

が、慌て過ぎたらしい。
周りの状況を確認できず、そのまま突っ走っていったゴキブリは

 待ち構えていたトカゲの口にゴールイン

パリパリと音を立てて食べられました。
生態系ですね。


まぁ、そんな感じにいわゆる厄年を満喫しているところ。

同じ誕生日の調整員さん曰く、引越しをすると厄が落ちるとか。
引越し前の家に厄を全部置き去った後に営む新居での生活は
ワンダフル極まりないという話らしい。

いまだ完了していない引越し。
来週、ダカールから帰ったら即引越ししようと思っているので、
4月中になんとか普通の生活が出来るようになりそうです。
 
2011.04.19 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。